定期講座

【第91期講座】2004年01月-2004年06月


森 清範 ( モリセイハン ) のプロフィール


清水寺貫主 1940年京都府生まれ。'55年に清水寺貫主大西良慶和上のもとに得度、入寺。'63年、京都花園大学卒業後、清水寺・真福寺住職となり、八幡市円福寺専門道場に掛塔(雲水修行)する。'79年より清水寺法務部長、泰産寺住職を歴任し、'88年清水寺貫主、北法相宗管長に就任する。現在は、全国清水寺ネットワーク会議代表、日朝友好仏教協会副会長、社会福祉法人衆善会名誉顧問などの役員を務めるほか、中国人民大学法学院客員教授も務める。著書に「心を活かす」(講談社)、「心に花を咲かそう」(講談社)、「一口説法 心を練る」(講談社)、「人のこころ 観音の心」(NOMA総研)など。毎年12月にテレビ、新聞等で報道される「今年を象徴する漢字」の揮ごうを務める。   ※清水寺……宝亀9年(778年)に開創。本尊は、十一面千手観音。

定期講座の内容

演題 心に花を咲かそう
開催日 2004年1月28日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート