定期講座

【第99期講座】2008年01月-2008年06月


高野 登 ( タカノノボル ) のプロフィール


ザ・リッツ・カールトン・ホテル・カンパニー・日本支社 支社長 1953年、長野県生まれ。プリンスホテルスクール(現日本ホテルスクール)第一期卒業後、渡米。NYホテルキタノ、NYスタットラーヒルトン、NYプラザホテル、LAボナベンチャーホテル、SFフェアモントホテルなどでの勤務を経て’90年ザ・リッツ・カールトン・サンフランシスコの開業に携わる。’92年に日本支社開設のため一時帰国。’93年ホノルルオフィスを開設し、翌’94年日本支社長として転勤。現在に至る。リッツ・カールトンの日本における営業・マーケティング活動を行いながら、ザ・リッツ・カールトン大阪の開業準備に参画。2007年3月のザ・リッツ・カールトン東京の開業後は、さらにポジショニングを強化すべく、積極的にブランディング活動に取り組む。著書:「リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間」(かんき出版)、監修『人と接するときに大切にしたい サービスを超える瞬間 実例・実践編』(かんき出版) 高野 登 講演会 感想文 サービスを超える瞬間<p>

定期講座の内容

演題 サービスを超える瞬間
開催日 2008年4月23日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート