定期講座

【第96期講座】2006年07月-2006年12月


志茂田 景樹 ( シモダカゲキ ) のプロフィール


作家・帝京短期大学客員教授 1940年静岡県生まれ。中央大学法学部卒業。'76年『やっとこ探偵』で第27回 小説現代新人賞を受賞、作家活動に入る。'80年『黄色い牙』で第83回直木賞受賞。その後、数多くのメディアに出演し多方面で活躍を続ける。 '96年(株)志茂田景樹事務所内に、出版部門 KIBA BOOK創立。'98年初めておこなった読み聞かせで、家庭における童話・絵本の読み聞かせの必要性を痛感し、翌年「よい子に読み聞かせ隊」を結成、隊長として全国行脚を開始する。その公演は、2006年秋1000回に達す。また、インターネット絵本を製作し、ホームページで公開するなど、子供達の豊かな心を育むために、絵本・児童書の作家としても惜しみない力を注いでいる。オリジナル著作は500冊を超え、近著にはエッセイ『妻に先立たれる前に』(オレンジページ)、小説『RACHI(拉致) 洗脳編』(KIBA BOOK)などがある。 読み聞かせ劇場 http://www.kageki.jp/ 志茂田 景樹 講演会 感想文 自分を見つける7つの愉しみ

定期講座の内容

演題 自分を見つける7つの愉しみ
開催日 2006年12月13日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート