定期講座

【第98期講座】2007年07月-2007年12月


北川 八郎 ( キタガワハチロウ ) のプロフィール


ふだん忘れていたことを思い出させて頂きました。これからは人に喜びを一つでも多く与えるように心掛けたいと思います。今日のお話は、子供(23才・20才、女性)にも機会を得て話したいと思います。(50代 会社員 男性) 約3年程前に、美容室バグジーの久保社長の講演を聴く機会があり、その講演の中で久保社長が、ビジネスに行きづまりを感じた時に北川先生との出会いがあり、その後の人生を大きく変えることが出来たと、生き生きと話されており、一度直接話しを聴いてみたいと思っていたので、本日は本当に嬉しかったです。特に、「利より信」の話は、本で読んで理解していたつもりでも行動がともなっていない自分にはらだたちさと感じていたのですが、今日の講座を聴いて、今からまた、信に基づいた生活を心がけるよう決意しました。(40代 男性) 講演を聴いて、改めて、清く正しく生きることを感じた。(60代 会社員 男性) 人間には、生まれてきた意味があり、人生の宿題を与えられている。人生の後半に入れば、金だ名誉だということは忘れ、荷を降ろしていくこと。そして、怒りは人間の大敵であることを知り、善のエネルギーを持って生きなければならないと説かれた。まだまだ解脱できていない自分を知り、恥ずかしい気持ちが残った。(60代 会社役員 男性) 「肯定的に生きる」「よい言葉を使う」。ジョセフ・マーフィーほか色々プラス思考の本などがあるが、北川先生は1ヶ月以上の断食から感じたということで実践的で大変よかった。よい言葉を実践します。(60代 男性) 素晴らしいお話をありがとうございました。当社が人材会社として、多くの方々に人生をより良く生きるコツをお伝えできる会社への第一歩にしたいと思います。(40代 男性) 言葉の大切さを痛感しました。人生天気図=運の河について、もっと知りたいと思いました。本質的なお話に感銘を受けました。(40代 会社員 男性) 優しい言葉で、とても大切なことを教えていただきました。どんな仕事でも人に与えられるという言葉いにハッとしました。欲や利が中心になってしまい、本当の思いがよくわからなくなってしまっているように、今の自分は思います。いまから、善の海に漕ぎ出してみます。またいろんなお話をお聴きしたいです。まず著作を読ませていただきます。ありがとうございました。(30代) ■アンケート「本日の講座で感動した言葉は?」のご回答より 「利よりも善=信に」「投げたものは返ってくる」「歩むのはあなた」「あの世にもっていくものは人に与えた悲しみと喜びだけ」「宿題を解く人生」「あらゆるドアは自分で開けなければならない」「良き言葉は身体や心にエネルギーを与える」「不安と怒りのない人生を目指せ」「あらゆる才能は人に役立ってこそ輝く」「ライト(照明)の世界は小さい域」「エスカレーターは病気への階段」など ★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)

定期講座の内容

演題 心と体の繁栄の法則
開催日 2007年11月15日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート