定期講座

【第101期講座】2009年01月-2009年06月


佐藤 初女 ( サトウハツメ ) のプロフィール


森のイスキア 主宰 1921年青森市生まれ。青森技芸学院(現在の青森明の星高等学校)卒業後、小学校教員を経て、1964年より弘前学院短期大学非常勤講師として勤務。1979年より弘前染色工房を主宰。1983年、悩み苦しむ人を受け入れるため自宅を改装し「弘前イスキア」を開設。1992年、手作りの料理でもてなす「森のイスキア」を開設。1995年、龍村仁監督の「ガイアシンフォニー(地球交響曲)第二番」で、ダライ・ラマらとともにその活動が知られる。「食べることはいのちの移しかえ」と国内外で「おむすび講習会」や講演活動を続ける。2002年、NHK「心の時代」に出演。著書は、「おむすびの祈り」( PHP研究所)(集英社文庫)、「今を生きる言葉『森のイスキア』より」(講談社)その他多数。

定期講座の内容

演題 食べることはいのちの移しかえ
開催日 2009年6月17日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート