定期講座

【第96期講座】2006年07月-2006年12月


千住 博 ( センジュヒロシ ) のプロフィール


日本画家・京都造形芸術大学副学長 1958年東京都生まれ。 '82年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。 '87年同大学大学院博士課程修了。以降、世界各国にて個展を開催し、日本画家として名を馳せる。'93年画集「フラット・ウォーター」(求龍堂)刊行。ニューヨーク・ギャラリー・ガイドの表紙に選出される。'95年第46回ヴェネチア・ビエンナーレ絵画部門で東洋人初の優秀賞受賞。2002年第13回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門大賞受賞。作品は、国内外数多くの美術館にて収蔵、展示されている。近年の代表作に、大徳寺聚光院別院の全襖絵、ホテル・グランドハイアット東京の壁画などがある。また、羽田空港第2ターミナルの天井画等のデザイン、トヨタ・レクサスのミラノサローネ出展の際のアートディレクションも手掛ける。『千住博画集-水の音』(小学館)、『絵を描く悦び』(光文社)などの画集・著書多数。 公式ウェブサイト http://www.hiroshisenju.com/ 千住 博 講演会 感想文 芸術とコミュニケーション

定期講座の内容

演題 芸術とコミュニケーション
開催日 2006年10月25日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート