定期講座

【第100期講座】2008年09月-2008年12月


松岡 正剛 ( マツオカセイゴウ ) のプロフィール


編集工学研究所所長・イシス編集学校校長 1944年京都府生まれ。東京大学客員教授、帝塚山学院大学教授をへて、編集工学研究所所長となる。日本文化、経済文化、物語、デザインなど多方面におよぶ研究成果を情報文化技術に応用・発展、数多くの企画開発プロジェクトを手がける。2000年世界初、インターネット上の学校「イシス編集学校」を開設。同年に開始したブックナビゲーションサイト「千夜千冊」(http://www.isis.ne.jp/)は、現在も更新をし続け1250冊を超える(アクセス数280万突破)。また私塾「連塾」を定期的に開催し、各界のリーダーやクリエイターたちに「日本という方法」を伝承している。主な著書は『知の編集工学』『フラジャイル』『日本数奇』『17歳のための世界と日本の見方』『誰も知らない世界と日本のまちがい』『物語編集力』『松岡正剛 千夜千冊全集(全8巻)』ほか。 【公式サイト】セイゴオちゃんねる 松岡 正剛 講演会 感想文 「おもかげ」と「うつろい」の国

定期講座の内容

演題 「おもかげ」と「うつろい」の国
-誰も知らない、世界と日本のまちがい-
開催日 2008年9月10日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート