定期講座

【第87期講座】2002年02月-2002年06月


志方 俊之 ( シカタトシユキ ) のプロフィール


帝京大学教授/軍事アナリスト 1936年静岡県生まれ。防衛大学校(第2期生)卒業。京都大学大学院博士課程修了。米陸軍戦略大学卒業後、自衛隊のエリート中のエリートである在米日本大使館の首席防衛駐在官を務めるほか、陸上幕僚監部人事部長、第2師団長、防衛大学校幹事、北部方面総監などの要職を歴任し、平成4年退官する。国防問題の第一人者。現在は、安全保証の第一線で活躍してきた豊富な経験を活かし軍事アナリストとして活躍中。歯に衣着せぬ話しっぷりには定評があり、「朝まで生テレビ」など、テレビの討論番組出演で人気。著書に「最新極東有事」(PHP研究所)「自衛隊に誇りを」(小学館文庫)などがある。

定期講座の内容

演題 国家の悲劇――日本の危機管理を問う
開催日 2002年4月17日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート