定期講座

【第110期講座】2013年10月-2014年03月


外山滋比古 ( トヤマシゲヒコ ) のプロフィール


英文学者/文学博士/評論家/エッセイスト 1923年愛知県に生まれる。 東京文理科大学英文科卒業後、同大学特別研修生修了。『英語青年』編集長を経て、東京教育大学、お茶の水女子大学などで教鞭を執る。お茶の水女子大学名誉教授。専攻の英文学に始まり、修辞学、エディターシップ、教育論、日本語論などの分野で、独創的な仕事を続けている。 国語教科書や各種入試問題の頻出著者としても有名。 「東大、京大でいちばん読まれた本」として話題になった『思考の整理学』をはじめ、『知的創造のヒント』『「読み」の整理学』『ライフワークの思想』『日本語の作法』などたくさんの著書がある。

定期講座の内容

演題 思考の整理学
「考える」ということについて考える 「考える」を追求すると発見や発明につながる
開催日 2013年10月16日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート