定期講座

【第92期講座】2004年07月-2004年12月


高見 映 ( タカミエイ ) のプロフィール


ノッポさん 1960年より「ブーフーウー」「おかあさんといっしょ」など数々の幼児向け番組にレギュラー出演。なかでも、NHK教育テレビ「できるかな」では、ノッポさん役を24年間にわたって務め、ウルトラマンや仮面ライダーと並ぶ子どもたちのヒーローとなる。また、その間に「ひらけ!ポンキッキ」の脚本を10年担当。絵本や童謡の詩も手がける。その後、英会話や手話、パソコンなどにチャレンジする番組に出演、現在に至る。脚本から演出、出演までのステージ活動や、講演会、執筆をとおして“ノッポ流”の熱いメッセージを発信中。著書に『ドクトルふくろうの処方箋』(丸善メイツ)、『のっぽさんがしゃべった日』(扶桑社文庫)、『-ノッポ流子どもとのつきあい方-五歳の記憶』(世界文化社)他多数。

定期講座の内容

演題 ―ノッポ流子どもとのつきあい方― 五歳の記憶
開催日 2004年12月8日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート