定期講座

【第88期講座】2002年07月-2002年12月


大星 公二 ( オオボシコウジ ) のプロフィール


(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 相談役 1932年北海道生まれ。'57年東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社に入社。データ通信本部営業部長、中国電気通信局長などを歴任。'85年の民営化後、'87年に理事、企業通信システム本部副本部長に就任。取締役 経営企画本部長、常務取締役 企業通信システム本部長を務める。'92年にエヌ・ティ・ティ移動通信網(株)の初代代表取締役社長となり、'98年に代表取締役会長に就任する。'00年4月社名を(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモに改める。同年、経済界「第26回経済界大賞」、財界「平成12年度経営者賞」を受賞。'02年6月20日に会長職を退任し、相談役となる。現在は(財)日本テレワーク協会会長、ハルピン工業大学(中国)顧問教授、長春市(中国)経済顧問も兼任。著書に『ドコモ急成長の経営』がある。

定期講座の内容

演題 新しい需要の創出 ―景気回復の方途―
開催日 2002年12月12日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート