定期講座

【第91期講座】2004年01月-2004年06月


植草 一秀 ( ウエクサカヅヒデ ) のプロフィール


早稲田大学大学院公共経営研究科教授 1960年東京都生まれ。’83年東京大学経済学部経済学科卒業。同年、(株)野村総合研究所に入社、経済調査部研究員として勤務する。’85~’87年、大蔵省財政金融研究所研究官を務めた後、野村證券(株)に出向。’91年より京都大学経済研究所助教授、スタンフォード大学フーバー研究所客員フェローを歴任。’96年に(株)野村総合研究所主任エコノミストとなり、経済政策と金融論を中心に研究する。2002年、主席エコノミストに就任。現在は、早稲田大学大学院公共経営研究科教授として、大学で研究されている学問と、現実の経済の橋渡し的な研究・教育を展開している。又、「景気回復なくして構造改革なし」を持論に、テレビの報道番組などでは、経済と政治の密接な関係を鋭く分析するコメンテーターとしても活躍中

定期講座の内容

演題 景気回復なくして構造改革なし
(講師の都合により中止となりました)
開催日 2004年4月22日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート