定期講座

【第108期講座】2012年10月-2013年03月


山村 武彦 ( ヤマムラ タケヒコ ) のプロフィール


防災・危機管理アドバイザー/防災システム研究所所長 学生時代に遭遇した新潟地震(1964)でのボランティア活動を契機に防災アドバイザーを志す。 地震、津波、噴火、土砂災害、テロ、事故など150か所以上の災害現地調査実施。 阪神・淡路大震災時は、2時間後に現地入りし救助・調査活動にあたる。 同年、科学技術振興功績者として科学技術庁長官賞受賞。 近年も新燃岳噴火災害(2011年)、NZ地震(2011年)、東日本大震災(2011年)などの現地調査実施。 現在も企業・自治体の危機管理アドバイス、講演、執筆など防災意識啓発に活躍中。 実践的防災・危機管理対策の第一人者。 【歴任した主な役職】 ☆消防庁防災訓練活性化研究会委員☆研究開発型企業連絡会議議長 ☆関東学院大学非常勤講師☆防災対策評価委員会幹事など 【所属学会】日本災害情報学会、地域安全学会

定期講座の内容

演題 大規模災害に備える実践的防災・危機管理
-「防災隣組と近助の精神」が企業・家族の絆を深める- 40年現場主義を貫いた防災アドバイザー直伝
開催日 2013年3月27日 日程 開場18:15 / 開演18:45 / 終了20:30
チケット 2,500 円 / 名 会場 東京内幸町ホール
お申込    受付終了    感想文   講座リポート