【第88期講座】2002年07月-2002年12月




日本の良さを具体的にあげていただき、本当にありがとうございました。日本の文化、日本人の精神構造、自然を神と崇める日本人の心の問題など、大変勉強になりました。経済は一流、政治は三流という問題もわかる気がします。(60代 男性)

まさにカルチャーショックでした。韓国の事を勉強していなかった自分に反省する事が多い。あまりに近すぎて、誤解が多いことが原因で、異文化を正しく知る事から理解が始まることを再認識させられました。(60代 会社員 男性)

近くて遠い国と俗に言われている日韓関係が歴史的な起源だけでなく、人種的相似性という基盤の上での文化的、習慣的差異が誤解を産んでいたという話しは良く理解できた。私たちも儒教の影響を受けた時代があった筈なのに、視点の差が広がった今日、もっともっと理解を進めていかなければならない事を痛感しました。(60代 会社役員 男性)

日本人と韓国人の違いを文化、風習、言語の面から大変参考になった。日本人である私たち以上に日本を深く理解していること、分析の深さに感銘しました。(60代 会社会長 男性)

今日の講演を聴き、韓国での反日感情の理由の一部が理解できたように思えます。将来のアジアは日本と韓国の強力によって一つの経済社会が築かれるような気がします。(50代 会社員 男性)

「近くて遠い国」の存在である日韓の違いを判り易く説明された。文化・習慣の差の大きさと、歴史、民族の距離感を痛切に感じさせられました。感覚的には理解しにくい両者の差を楽しく具体的に説明され、得るところが多くありました。情熱と素晴らしい語学力にひたすら敬服しました。(60代 男性)

日本人自身が「日本」というものの本質をいかに研究していないか、自覚していないか、を知らされた思いがしました。日本人の意識構造の深みに何があるのか?日本人にとっては生まれつきで当然の事で、何ら疑問も感じない事も訪日外国人にしてみれば不可思議な事である。その様な視点で見た日本人観を聞く事で逆に教えられた気がしました。グローバル化する現代にあって、日本人自身も自分をよく知っておく事の必要性を痛感しました。(40代 会社員 男性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)