【第103期講座】2010年01月-2010年06月




歴史を学ぶことの本当の意味とは「過去の日本を作った人達」への敬意であるということがわかりました。ありがとうございました。(40代 男性)

今日は、坂本龍馬さんの人物像や人間性について、いろいろと知ることができてとても勉強になりました。現在放送をしている大河ドラマはほとんど見ていないのですが、これからは見るようにしたいと思います。(40代 男性)

坂本龍馬さんは”私利私欲のない人”であったという言葉にとても感銘を受けました。ありがとうございました。(50代 女性)

大変興味深いお話をしていただきましてありがとうございました。知っている話でもいろいろな背景があるのであるということに感動をしました。もう少しお話を聞きたいと思いました。(50代 男性)

坂本龍馬さんの人物像を具体的に説明していただき、とても楽しく聞かせていただきました。時代考証のやり方がわかりました。(60代 男性)

坂本龍馬さんの”人間力”や”自由人”なところ、とてもよく理解ができました。ありがとうございました。また、月の形のお話は目からウロコでした。(60代 男性)

本年の1月に講演をしてくださった加来耕三先生は「日本の歴史の中で織田信長と坂本龍馬が日本人の中で最も偉大な(好きな?)武将である」とのお話をされていましたが、その意味が本日のお話を聞いてよくわかりました。ドラマチックな坂本龍馬さんのドラマでの今後の活躍が楽しみです。それにしても、あまりにも若くして殺された坂本龍馬さんが残念です。(70代 男性)

坂本龍馬さんの魅力をたくさん教えていただき、とても楽しかったです。坂本龍馬さんはスゴイです。(50代 女性)

司馬遼太郎氏の”竜馬が行く”をとても懐かしく思い出しました。(60代 男性)

山村先生の「過去の人物に守られている」というお言葉に感動しました。(40代、男性)

とても興味深いお話をしていただき、とても勉強になりました。ありがとうございます。(50代 男性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)