【第96期講座】2006年07月-2006年12月




日本経済について、マスコミがさかんに取り上げていた不安感が、先生の見通しを拝聴して安堵感を持った。大変有意義な講演であった。次期、安部政権に期待している。(60代 男性)

小泉政権5年間の景気の推移及び、どういった時に株価上昇(下落)するかが分かりました。(30代 会社員 男性)

バブルが終わってからの日本経済の変化を、株価と政策を中心に語られたことに興味が持てた。アメリカ経済の影響が大である。大きなテーマを限られた時間でコンパクトにまとめられた。ホームページをみて勉強します。2年前の事件の真相がはっきりすることを期待します。(60代 専門学校講師 男性)

小泉政権の5年間の総括、チャートを交え、非常によく理解できました。2年前の事件の真相”小泉政権にとって邪魔な存在”仕掛けられた”モノ”と信じています。頑張ってください。(男性)

経済の状況について良く理解できました。二大政党の実現に向け、民主党への応援をお願いしたいと思います。(男性)

経済のことはあまりわからないのですが、今日の話を聴いて少しわかってきたような気がします。わかり易い話で理解しやすかった。(40代 会社員 男性)

私は現在68才。現役サラリーマンを退職し、年金生活です。子供一人は嫁に出し、孫は4人おります。現在は妻と二人暮らしですが、企業年金、厚生年金、民間保険会社の保険金(10年払い)などで生活に不自由なことはありませんが、インフレ、戦争が一番恐ろしい。日本経済も米国経済に左右されるとのお話しですが、株価2万円の展望も語られ、日本経済の底堅い要因も多く、安心しました。(60代 男性)

植草先生の経済論は極めて緻密で、かつ明快で大変楽しみながら学ことができます。メディアでも切れ味鋭い的確な指摘をされていただけに、例の事件は実に残念であり、仕組まれた国策テロの感じが否定できず、今でも怒りを覚えています。先日、加藤紘一元自民党幹事長の実家が放火されましたが、”言論”を”封殺”するようなテロは植草事件から始まっているような気がします。同じ社会背景を感じるとてもイヤな風潮です。
さて、本日の講演は、まるで面白い物語を聴いているようで大変有意義な経済講演でした。政治と経済がこれほど密接に結びつき、これほどまでに政治が経済をコントロールし、支配し、利用しているのかと思いました。したがって、小泉政権の5年間を振り返ると空恐ろしくもまた、危うさも痛感しました。そのツケが我々国民や次世代に回りつつあることを今、実感せざるをえない理由が今日わかりました。

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)