【第106期講座】2011年10月-2012年03月




とても良かったです。人生が片づけを通して前向きになって、行動してゆけそうな気持ちになりました。自分の理想を明確にして頑張ろうと思いました。(40代 男性)
日頃、思っていること、感じていることを改めて整理して分かりやすくお話してくださったと思います。片づけ、実践します。(40代 女性)

とても為になる講演でした。今まで断捨離・ときめき○○○もすべて実行しましたが、どうしても大きく変化しませんでした。捨てること・収納の仕方ではなく、まず目的意識の伴った“置く”という動作・行動を習慣化していくことが欠けていることでした。早速、今日から実行していきたいと思います。ありがとうございました。(50代 女性)

「OKサイン」をつくらないようにしようと思った。テーブルの上に置いてしまうモノは自分の中で「置いてもOK」というサインを知らずうちに出していたことを知った。少しずつやっていくのがいいことだと分かった。(60代 男性)

相手が大切にしていることや物事を大切にすることがコミュニケーションでも大切だなと感じた。相手が片づけるとかではなく、相手の話を聞いて心を片づけてから現状を見るようにすることの大切さが分かりました。モノがたくさんあることが幸せなことではないし、経験に優るものはないのだと感じました。(30代 女性)

置くという動作、散らかり初め!無意識に置くのはヤメル。片づけの極意は実践のみですね。全ては生活習慣!!(60代 男性)

自分の普段の至らない癖を言い当てられているようでした。“とりあえず置く”ということを繰り返していた。自分を今の今から変えていきたいと思います。(40代 男性)

片づけというのはモノを片づけることだと思っていましたが情報など頭や心の整理をすることでモノも片づいていくのではないかと思いました。私も捨てられないモノの中で暮らしておりますが頭の中を整理することで「捨てられない」と思い込んでいたモノの中のいくつかは既に捨てられる様な気がしてきました。この講座を受けて入ったスイッチを入れたまま家の中を「少しずつ」毎日片づけていこうと硬く決意致しました。有難うございます。(40代 女性)

片づけにおける自分の「クセ」を知ろう!こう捉えれば直せる(治せる)かも・・

ひとつ目の“置く”に気をつけたいと思いました。(20代 男性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)