【第96期講座】2006年07月-2006年12月




芸術についての奥深いお話し、誠にありがとうございました。まず相手の話を聞いてみよう、見てみようというお話しは、日常の人間関係を改善することにも立派にあてはまることと思いました。チベットの少年への思いは先生の優しい心がにじみ出ていて打たれました。美ときれいの違いもなるほどと思いました。自分と異なる考えの人をも受入れることでよりよいものが生まれるという、大変大事なことを教えていただきました。(60代 女性)

『絵を描く悦び』での「自分の中にあるものを描く」「何を描かないか」インパクトのあるメッセージをシンプルで分かり易い文章でお書きになった千住さんの声・姿・お話しを体感すべく参加させていただきました。生き方、生活全てにベースとなるメッセージを「心」で聴くことが出来ました。と同時に美しいものを美しいと感じる心を持てるよう育ててくれた亡き母を思い、感謝しつつ、良い時間を過ごせました。学生時代学んだ「絵を描く事」は別の仕事についた今、千住さんのお陰で、「コミュニケーションの大切さ」という事に置き換えて活かしていきます。明日からまた頑張ろうという元気をいただきました。ありがとうございました。(40代 会社員 女性)

とても素晴らしい講演会ありがとうございました。芸術とは、と言うお話しとても心に響きました。現代人の多くが鬱病などの精神病で苦しんでいますが、今日のお話しをお聴きして、人間がまた、アルタミラの洞窟の事を体験すれば(想い出せば)きっと人間が生きにくくしてしまった世界でも、生きていける(健全に)すべを見つけられるのだと感じました。本当にありがとうございました。(20代 俳優・学生)

先生の今日のお話しが中国・四川省・九寨溝の旅の思い出から話されるとは全く予想しておりませんでした。実は、私も今年の7月「九寨溝・黄龍・四姑娘山の旅」に行き、季節は違いましたが、その自然の雄大さと神秘さに驚愕しましたが、流石、芸術家の千住先生が受けられた体験はまた違ったものがあったのだと思います。きっと今後の先生の芸術作品にそのエスプリが表現されるのではないかと期待しております。最後に「21世紀は芸術的発想が大事である」と言われた先生の言葉は非常に印象深く感じました。(80代 男性)

美の哲学が豊かな感性で熱く語られた。美とは、きれいとは、そして芸術とは。ひとつひとつ丁寧に語られ、詩情溢れ、美の風景が浮かび上がってきた。芸術こそが平和を創造し、人間の進化をもたらすものである-この壮大な思想に打たれた。(60代 会社役員 男性)

ドラマチックな体験が感動を生む作品となって、見る人の心をゆり動かしているのだなぁと実感させられました。お話しの中に鮮明な宇宙の色彩が感じられた事が印象的でした。内容も興味深く素晴らしく、引き込まれてしまいました。(50代 女性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)