【第89期講座】2003年01月-2003年06月




現在、弊社では企業ビジョンの見直しをしている。個人的にはどんな立派なビジョンを作ってもお題目に過ぎず、それを実現する為にはまず企業風土改革が先だと思っていたが、ビジョンはそれ自体で実現させる力があるということ聴き、企業ビジョン作成は意味のあることだと勇気付けられた。 (40代 会社員 男性)

「リーダー」という人材像に必要なことは、まず夢・ビジョンを持つことが重要であることを再認識させられた。そして何よりも夢は必ず実現できるという強い信念を持つことが大切である。日本の再生には、将来に夢を持てない人達にビジョンを示すことであり、多くのリーダーを輩出することだと感じた。 (40代 会社員 男性)

レジュメがありましたので、よく理解できました。リーダーシップそのものは今の自分の生活に直接関係は無いものの、私個人の生活にも「なりたい自分」というビジョンを持って過ごしたいと思います。心に小さいながら灯りが点きました。(60代 女性)

早稲田大学に中沢塾があることは知らなかった。本日の話で「ビジョンを持ったエンジニアのリーダーに育てる」素晴らしい教育を実施していることを知った。リーダーになるには特別な資質があることが必要なのではなく、ビジョンを持って行動することにより、いつの間にかリーダーになるということが理解できた。(70代 会社顧問 男性)

誰でもリーダーに成れる。リーダーは教育できるもの。リーダーを育てられれば企業が発展する。日常の中でダメ・ダメを出してきましたが、それは育て方の問題だと気付かせていただきました。夢を語り、ビジョンを実現できる様努力してまいります。 (50代 美容業 女性)

日本の社会があまりにもリーダーの不足が叫ばれています。テレビの中で多くのリーダーが頭を下げる姿にあきあきしていました。今日のお話しはレジュメにそってわかりやすく、大変面白く聴かせていただきました。コミュニケーションを大切にして、夢の実現に向けて若者が育つ社会が早くできることを祈ります。(60代 男性)

とても為になりました。長年、通訳を通してEngineerの素晴らしさを肌で感じていましたので、そのEngineerがリーダーになれば環境を変える事ができるという事が新鮮でした。Visionを追求するEngineer達の素晴らしさは誇ってよいと思います。(プロジェクトXから感じます)Visionが社会を変えるのだという自覚を持ったEngineerのLeaderが多く出て、日本を変えて欲しいと思います。(70代 通訳 女性)

初めて参加します。リーダーは教育できるという提言、うれしく思いました。能力のせいにしないで、自分のビジョンを実現する為、汗を流して努力していきたいと思います。 (30代 会社員 女性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)