【第108期講座】2012年10月-2013年03月




淀みなく、快活にお話しされるご様子からISAKのプロジェクトに対する熱意があふれていて、講演に引き込まれました。多様性、問題の設定能力、リスクテイキングを大切にするというISAKの方針に深く共感いたします。こういった価値観は、日本ではこれまであまり重視されてこなかったのではないかと感じますが、これから必ず重要なものとなるように思います。(30代 女性)

アジアでのグローバル人材開発を目指した新しい理念の学校設立のお話、大変感動いたしました。今の日本のマンネリ化した行き詰まり感のある学校教育のあり方に、ぜひ新風を吹き込んでいただきたく存じます。よいお話を本当にありがとうございました。(70代 女性)

日本の教育に欠けているところをしっかりとらえて、それを現実に学校を建てることで具現化されている生き方に共感しました。自分のご経験に裏打ちされた確固たる信念をもって行動されていることがうらやましいです。この歳になって転職することも無理なので、娘には多様性を受け入れるリスクを恐れない人間になってくれることを願っています。(40代 男性)

小林さんのパワーに感動しました。(40代 男性)

世界80ヵ国から生徒を集めて開校される学校が軽井沢にて出来ること、大変期待されます。若い人々が夢ある教育を受け、世界に散らばって各国のリーダーとして活躍される人材を育てる学校の設立の発展を祈ります。(70代 男性)

先生のこれまでの経験、ISAKにかける情熱が伝わってきて、大変心が動かされる講演であった。個性、多様性を尊重する教育は、非常に大切なものであると感じている。現在の日本(のみならず世界も)では自殺者も多く、人生に喜びを見出せない人が子ども、大人関係なく多い。それは一つに、教育が関連していると思う。先生のISAKを通じて、より多くの個が花開き、皆が幸せになれる社会を期待します。小林りん先生、これからも頑張ってください。(20代 男性)

「教育に唯一絶対の解はない」という言葉に感動しました。(20代 男性)

情熱を持って行動することで、周りを変えていけるということが伝わってきました。日本の将来にとても有効なプロジェクトだと思いますのでがんばってください。私も職場での教育など、情熱を持ってあたっていきたいと思います。(30代 男性)

学校の主旨、目的、設立の経緯、代表としての想い等、大変分かりやすくご説明いただきました。ご質問にも明確に答えて頂き、参考、勉強になりました。「Sustainability 自分で“考える”力を育てる」という言葉に感動しました。(30代 女性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)