【第87期講座】2002年02月-2002年06月




「その時 その場 その名の通りの人に」や「仕事はひとの役に立つこと 自分の職務をとおして」など素晴らしい言葉から前向きに生きる喜びを貰った。又,「水からの伝言」の話しも感動を覚えた。そして、「皆んなの中の自分 自分の中の皆んな」を強く肝に銘じて生きたい。(60代男性)

「水」の結晶が「ありがとう」「ばかやろう」の呼びかけで違うことを初めて知りました。呼びかけせずにおいた水が最初に腐ったとは驚きですが、無関心が最大の問題なのですね。(60代 会社顧問 男性)

愛の反対は憎しみではなく、無関心である。皆んなの中の自分、自分の中の皆んな。出会いを通して自分に出会う。 大変、味深いお言葉で感銘を受けました。(70代 男性)

もう何度も聞いていますが、毎回私の気持ちにびんびん届いてきます。"人みなに、うつくしき 種がある"私なりに自分の種をみつけていきます。(30代 会社員 女性)

「あなたの仕事は何ですか?人の役に立つこと」それを通じるのは、今の自分の職。全くその通りだと思います。車椅子の話しには感動しました。(40代 会社員 男性)

こんな角度からの物の見方があることを知りました。最後のお話しが感動的でした。自分が出会ういろいろな事、家族の問題、今まで自分はなぜあまり幸せではないんだろうと思っていましたが、先生のおっしゃったように見方を変えて生きていこうと思いました。(50代 会社員 女性)

この世知辛い世の中ですが、本日の講演で心の中が洗われました。自分の我ばかり通している人たちがあまりにも多くいるという感じがします。「その時 その場 その名のとおりの人となる」名句であります。本当に心に熱いものを感じました。(40代 会社員 男性)

出会いを通して自分に出会う。素晴らしい事である。企業を通じて社会に、人に役立つことをやっていきたい。(60代 会社員 男性)

生きるという事は、出会いの大切さを感ずることなのだろう。今を大切にすること。他人への思いやり。その意味の深さを痛感した時間です。(60代 会社員 男性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)