【第108期講座】2012年10月-2013年03月




車の渋滞がおこる原理はわかっていたが、それを仕事におきかえている考え方は面白かった。明日から、探す時間、待つ時間をさがしてみます。「面倒だと思ったことをやる」という言葉が印象的でした。(30代 男性)

人生を有効に生きていくためのポイントを沢山教えていただき、誠にありがとうございました。仕事も生活も、科学的に考えたゆとりをもって、多段思考でいきたいと思います。大変参考になりました。本日のお話を聞いて本当によかったです。(70代 女性)

毎日の生活の中で多くの「渋滞」が起こっているのだと気付かされた。「ゆとり」が長期的にプラスにつながるということを科学的に実証されていて説得力があった。実生活に活かしたいと思う。(20代 男性)

おもしろい内容でした。渋滞学を読んでいましたが、仕事における応用がこんなにできるとは思いませんでした。職場での共有や、人材育成の場で活用していきたい。(男性)

テンポよく、映像やスライドをたくさん使いながらの講演で大変興味深く聴かせていただきました。仕事を円滑に進めるためのポイントも具体的に教えていただきましたので、探し物と待ち時間をまず減らす、など実行したいと思います。(30代 女性)

大変勉強になりました。法律でしばりたくないという考え方、信念がよかったです。「探す時間をなくすという方法」に感動しました。(30代 男性)

西成先生のお話を聞いて、まさに今の自分が「メタ安定」な状態である事に気付きました。Jカーブを恐れて単純思考になっている事があるかもしれない。西成先生の数学的思考の中にも温かさを感じるとても楽しい講座でした。(40代 女性)

ぎっちり細かく無駄のない事が成功の秘訣かと思っていました。しかし本日の講演の70%理論で今後の短い人生を楽しみたいと思います。(70代 男性)

新しい知識に目が開けた。多くの人がこの講演にふれる機会があるといい。「科学的ゆとり」という言葉に感動しました。(30代 男性)

★他、たくさんの感想文をお寄せ頂きました。ありがとうございました。(TCCスタッフ一同)